2021年3月現在、NTTが仮想通貨ビジネスに参加をする動きを見せています。これはNTTデータとフィンテック企業インフキュリオンという事業者が提携し、地域のみで有効とする仮想通貨を提供するというものです。

現時点では、地域のみで有効に使用できる金券のようなものや地域限定の割引券というような形で試験的に運用するとみられており、仮想通貨の取引を前提に置いたシステムは今のところくみ上げられたという報告はありません。

このNTTが仮想通貨ビジネスに参加をする可能性がある問題についてですが、実はNTTは仮想通貨で使用されている暗号技術をさらに発展させたブロックチェーン技術を作り出しているのです。

しかし、技術は存在していても実用され運用されない限り意味をなさないため、今回のNTTが仮想通貨ビジネスに参加をする動きについては、自社が開発したブロックチェーン技術の運用実験であると思われます。

肝心のNTTが作り出したブロックチェーン技術ですが、BlockTraceという名前で公開されており、不動産の売買や、貿易商品群のやり取りを暗号化することで円滑にビジネス利用できるものとした技術です。

現在公開されているブロックチェーン技術は、仮想通貨であれば仮想通貨でのみ使用されておりそれら技術を一般で使用しているものもありますが、多くは病院などで一度に大量に処理を必要とする場面では、ブロックチェーンを用いた暗号化技術をフルに使用できてないのです。

しかし、NTTはブロックチェーンをフルに使用することが出来る候補として、病院のカルテなどの小規模な情報よりも多いデータのやり取りを必要とする。貿易のやり取りを記載するシステムをブロックチェーンで構成したのです。これが意味することについてですが、ブロックチェーンは参加者同士のデータをやり取りすることが目的です。

参加者が増えれば増えるほどシステムには負荷がかかり安定さが欠如します。特に貿易のように取引が多い商品においては、なおブロックチェーン技術の構築は困難を極めます。

それらを可能としているのであればNTTは高い暗号技術を作り上げたということになり、いずれ地域限定の仮想通貨を拡大させ全国普及型の仮想通貨を作り上げる可能性もあります。

現状では今のところ、暗号化技術の試験段階であるとみられているため、今後のNTTの取り組みに注目をすべきであると結論付けますが、いずれにしろNTTが仮想通貨事業へ参加をする可能性は高いです。