個人が行う投資ビジネスと言うと、一昔前までは株式投資をイメージする人がほとんどでした。
ですが最近では株式投資に負けない位、仮想通貨への投資が盛り上がっているのです。実際に現在ではインターネット上だけでなく、テレビや新聞でも仮想通貨に関する話題を見聞きする事は特に珍しくありません。
しかも投資ビジネスとして、仮想通貨は株式投資よりも魅力的な部分が多くあるのです。

仮想通貨は、会社員の副業としては株式投資よりも行い易かったりします。
というのも国内の株式市場は平日限定で、午前9時から午後3時までしか開いていないのです。普通の会社員であれば忙しく働いているであろう時間帯と同じなので、副業で株式投資を始めてもリアルタイムで取引出来る機会は余りなかったりします。

所が仮想通貨であれば、24時間365日何時でもリアルタイムでの取引が可能です。
そのため会社員の人も帰宅後や、休みの週末にも無理なくリアルタイムでの取引を行う事が出来ます。この様に取引時間を見れば仮想通貨への投資の方が、断然副業向きと言えるのです。

更に株式投資の場合、行き過ぎた暴騰や暴落を防ぐために値幅制限が設けられています。そのため購入した銘柄が勢い良く上昇していても、ストップ高に阻まれて1日での儲けは制限されてしまうのです。

ところが仮想通貨には、基本的にそういった値幅制限は設けられていません。
お陰で所有している仮想通貨が勢い良く上昇を開始したら、それが収まるまでとことん稼ぐ事が出来ます。

実際にそういった激しく値動きする仮想通貨を上手に購入して、億り人と呼ばれる1億円以上の資産を形成した人が短期間で数多く誕生しているのです。仮想通貨への投資は一攫千金の夢を見易い、という点もおすすめポイントと言えます。

仮想通貨は、元手が少なくても挑戦出来るという点も魅力的です。
株式投資の場合は少なくとも数十万円程度は用意しないと、まともに取引出来ないケースが多かったりします。
ですが仮想通貨は取引所によっては、数百円という少額投資を行う事が可能です。株式投資よりも少ない資金でも始め易いので、投資ビジネス初心者も気軽に挑戦出来ます。

ただし仮想通貨は、価格変動が非常に激しい通貨が存在している点に注意が必要です。
そのため上手く行けば一気に大儲けが出来る一方で、読みを外せば一気に資産を失うリスクも存在しています。

上記した様に仮想通貨には値幅制限がないので、短時間で一気に暴落し続ける危険性があるのです。そのため通貨によってはかなりハイリスクでハイリターンである事を、しっかり理解しておく必要があります。