レバレッジが高い海外FXの特徴

少ない資金で一獲千金を狙える

最近では海外FXを副業として考えるサラリーマンやトレーダーが増え、レバレッジが最大で1000倍になることで一獲千金を狙えるために人気があります。
レバレッジはテコの原理で高くなれば少ない資金で大きいポジションを持て、成功すれば稼げるようになりますが失敗すると損をするためハイリスクハイリターンです。

しかし、一獲千金を狙うためには安心できる業者を選ばないと意味がなく、出金拒否や計画倒産をされるなどの詐欺の被害にあわないようにしないといけません。

レバレッジは国内の業者は最大で25倍までと制限があり、今後は10倍に引き下げることが検討されています。このため、国内の業者だけでは利益を出しにくくなり、海外の業者をうまく使うようにすると効果的です。

海外の業者のメリット

海外の業者は追証なしのゼロカットシステムを採用する業者が多く、入金額以上の損失を防げて新規口座開設や入金でボーナスがあります。

このため、少ない資金で大きなポジションを持て、一獲千金を狙うチャンスがありコツコツと利益を積み重ねると効果的です。
また、取引方式がNDD方式のため約定を拒否されることがなく、かかる時間が短く透明性があるため安心できます。

ボーナスキャンペーンは新規口座開設や入金でもらえ、資金を準備しなくても元手にして利益を出せば出金が可能です。以上のように、国内の業者にはない魅力があり一獲千金を狙うチャンスになり、トレードの経験を通して今後の生活に役立てることができます。

逆にリスクもある

海外FXはレバレッジが高いことが魅力ですが、無許可で営業していると詐欺の被害にあうリスクがあります。
金融ライセンスはなければ許可を受けて営業していないため、せっかく利益を出しても出金を拒否されそのままだまし取られる場合もあり注意が必要です。また、日本語対応でなければ問い合わせやトレードができず、メールアドレスや電話番号がきちんと表記されていないと信用できないことがあります。

最近では海外の業者は倒産をしやすい状況のため、資金管理の方法を確かめて利用することが大事です。
資金管理は信託保全が義務化されていないと倒産すると預けた資金をそのまま失うことになり、事前に確かめないとせっかく利益を出しても意味をなさなくなります。

レバレッジが高い海外FXは一獲千金を狙えると考えがちですが、出金を拒否されたり計画倒産をされて資金をそのままだまし取られるため口コミや評判を確かめて決めることが望ましいです。

SNSでもご購読できます。